【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

貯蓄型の学資保険ってどんな物があるの?

貯蓄型の学資保険と言えば現在の学資保険の中でもっとも人気の高い学資保険です。
基本的には支払った金額よりも保険金として戻ってくる金額のほうが多いものが人気が高く、返戻率も110%を超える保険も存在するなどかなりお得な保険となっているものが多く存在します。
また、教育費は基本的に入学時や大学の学年が上がった時に一番お金がかかるものですが、ちゃんとその時期にお金をしっかりと支払ってくれるものが貯蓄型の学資保険としてあります。

例えば、フコク生命のみらいのつばさ学資保険ですが、返戻率が111%と非常に高いのが特徴で、兄弟が加入することによって更に割引を得ることもできます。
更にお祝い金の支払時期もパターンに富んでいて、貯蓄性とそのお金を受け取ることができる時期が非常に適切なところで人気が高まっているようです。
現在では学資保険の貯蓄だけでは教育費は賄えないということがあるので、学資保険の役割としては貯蓄型のものが主流となってきています。
ただ、デメリットとしては貯蓄性は高いですが、その点を強調し過ぎると今度は逆に医療面での保証の充実ができなくなりますから、その点は省いているということで、万が一の事故や病気があった場合は自費でまかなわないといけません。