【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

離婚した後の学資保険は誰が支払うようになっているの?

離婚した後の学資保険は基本的には子供を育てることになったほうが支払うというケースが一般的です。
いわゆる親権を持っているほうが支払っていくということですね。
これは例えば妻が子供を養うことになったので、妻が保険を支払っていくという話です。

ただ、保険の契約上では別に親権があろうがなかろうが誰が支払っても構いません。
ちなみに夫には子供の養育費を支払う義務がありますので、妻が離婚後に子供を育てることになった場合には、養育費の中から支払っていけばスムーズにいくと思います。
あと、離婚後でよくあるケースとしては名義人が誰になっているか?ということですね。

ここは注意してほしいのですが、もしも離婚の協議中で夫と話し合いをしている場合であり、かつ妻が子供を引き取ることになった場合で、学資保険の名義人がもし夫にある場合は妻に名義変更をしておく必要があります。
その理由は夫が名義人の場合、学資保険の満期金額をもらうことができるのは夫だけであるという決まりがあるからです。
よくある問題で、名義人が夫で音信不通のために連絡がつかず、保険金が受け取れないと言った問題が多く存在しています。
ですので、離婚する前に名義人の変更手続きだけはしっかりと済ませておくことをおすすめします。