【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

妊娠中に学資保険に入ることの利点とは?

妊娠中に学資保険に入ることのメリットはかなり大きいです。
それは例えば生まれる6か月前から支払いが発生することになれば、その分月々の支払保険料を安くできるからです。
ただ、子供が学資保険に入ることができるのは妊娠が発覚してから半年が過ぎてからになります。

できるだけ月々の支払いを抑えたいなら、このように生まれる前から入っておいたほうが正解になります。
これ以外に大きなメリットが考えられることとしてはできるだけ早く入っておくことによって保険料の支払い期間を短くすることができるということです。
例えば、ある学資保険では10歳までに保険料の支払いを終えることができるプランも存在しています。

このような学資保険に早めに保険に契約しておくことによってその分早く支払いを終えることができるんです。
そういうことが実現できれば、家計の負担は子供が10歳を超えると大きく軽減することができますし、非常に安心して生活していくことができます。
どうしてもお金がない場合逆に保険に加入するのが10歳からとかになってしまうこともありますが、これは逆に月々の保険料が数万円増える計算になり、現実的に難しい選択となります。
ですので、今生活が苦しくても、学資保険の契約はある程度早めに済ませておくことがベストとなります。