【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

万が一子どもが亡くなった場合の学資保険はどうなるの?

子供が保険期間中に死亡した場合は支払った額が全額返還されることになります。
ただ、この場合は返戻率などは一切関係なく、そのままのお金が戻ってくるだけです。
戻ってこないということはないので、安心して下さい。

また、返戻率をできるだけ高くして戻り金額ができるだけ高く設定してある生命保険はそういうことはないですが、子供の死亡保証がついた学資保険ではそのお金も支払われますので、その分お得です。
また、保険の契約者が保険期間中に亡くなった場合は、逆にそれ以降の保険料は支払わないでも子供の満期金額がそのままもらえるという形の学資保険が最近ではほとんどですので、父親の死などの万が一の時にも安心して備えをすることができます。
このように万が一の時でも備えがついている保険はちょっと大人が加入する貯蓄型の年金保険と似ています。

ですので、大人が加入する貯蓄型の年金保険を子供の学資保険の代わりにしようと考える人がいるのですが、基本的には子供の学資保険のほうが入学時に祝い金がもらえる、返戻率が高い商品が多いというメリットが多くあり、年金保険での蓄えよりもはるかにお得なので、意味がないでしょう。
基本的にこれだけ教育資金を蓄えるために充実しているものは学資保険以外にないと言っても過言ではありません。