【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

児童手当と学資保険を使った教育資金調達はどのようなものなの?

児童手当は現在では3歳未満はなんと月に1万5000円ももらうことができます。
これは何人目に生まれた子供等は関係なくもらえる金額です。
更に、3歳以降は第2子までが1万円もらえ、3人目の子供からは月に1万5千円もらえる計算になります。

更に中学生も1万円もらえるという形になっています。
ただし、もらえるためには所得制限があります。
この児童手当ですが、計算では15年分もらえることになります。
総額は第一子だと150万円にもなります。

このお金は別に貯金しておいて、学資保険もかけ続けるとたとえば300万円の満期金額をもらえる保険に加入していたとすると、450万円の教育資金の備えをすることができます。
このやり方は非常に賢くておすすめです。
もちろん児童手当を保険料の支払いに回してもいいのですが、教育費は絶対に支払わないといけないお金ですし、児童手当の総額と、学資保険を合わせた全額よりもかなり多い金額ですので、両方一緒に教育資金の備えにしていくほうがお得でしょう。

ちなみに子供手当というものがあったんですが、それは現在では廃止になって新しく児童手当ができました。
将来的には金額ももっと上がるとの予定が出されているので、子供に対する備えはもっと明るくなるかもしれませんね!