【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

保障型の学資保険はどういったものなの?

学資保険の主流は現在では貯蓄型重視が一般的になっていますが、保証型の学資保険というものも存在しています。
基本的に保証型の学資保険では子供が入院した際の入院保証や手術の際にお金を支給してくれたり、死亡保障がついているように、医療の保証のほうを重要視している保険です。
このタイプの保険は、どうしても子供の万が一を重視したいという方にはおすすめできます。

ただし、教育費の貯蓄部分が弱いことが多いのであまりおすすめはしません。
基本的に学資保険で、貯蓄型重視のものと比べて支払い金額が100万円くらい損する形となるものが多いようです。
ですので、基本的には貯蓄型の学資保険に入っておいたほうが将来に対する教育費の備えもできますし、あとは2千円くらいで、医療保障重視の通販型の保険に入るなどすることをおすすめいたします。

例えば毎月2千円の医療保険を子供にかけたとした場合、18年かけるとしたとしても43万円しかかかりません。
実際にこのような形で子供の医療に対する備えをされる方が増えていますし、貯蓄重視の学資保険の魅力を考えるとどうしても、学資保険と医療保障を切り離して考えるほうがお得と専門家の方も言っています。
将来的な備えとしては教育費のほうがどうしても大きくなるということで、学資保険は医療保障を切り離して考えるほうが得策かもしれません。