【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

私も学資保険に加入していました

私も学資保険に加入していました。
初めての子供が生まれたときは、とてもうれしかった事を覚えています。
子どもが無事に生まれてうれしいばかりの私は、生まれたばかりの子供の大学進学の事までは考えていませんでした。
今になって思えば、考える余裕がなかったのです。
でも、職場の先輩が、子供が大学に行きたいと言った時のために学資保険に加入しておいたほうが良いと忠告してくれたのです。
先輩の家では子供が2人いて、2人分の保険に入っていると言うのです。
私は妻と相談して、保険に入ることにしたのです。
月々の掛け金は1万円強で、満期になると300万円になるのです。
当時はバブルが弾けたばかりで、まだ金利が高い頃でしたからとても有利な保険に入ることができました。
我が家では、妻が専業主婦でしたから、私一人の給料でやっていましたが、月々の掛け金が1万円強ならば、何とか支払い続ける自信がありました。
そして、上の子が生まれて3年後に下の子供ができました。
私たち夫婦は、上の子のために保険に入っているのだから、下の子のためにも学資保険に入ることにしました。
下の子の時には、上の子の時ほど有利な条件ではありませんでした。
それでも保険に加入しました。
下の子の時は、月々の掛け金が、上の子の金額よりも多かったのですが、満期で受け取ることができる金額は、上の子の方が断然多かったのです。
でも、それは景気と関係していることですから、仕方がありません。
我が家では2人分の保険料を支払うことになり、若干家計が厳しくなりましたが、子供の将来のためだと思い、頑張ることにしたのです。
学資保険の保険料を支払うのは、子供が18歳になるまでですからとても長かったのですが、今になって思えばあっという間でした。
我が家の上の子は、地元の私立大学に通うことになりました。
学資保険の積立金額が300万円ありましたが、入学金と初年度の授業料等を支払うと残りは100万円ぐらいになってしまいました。
それでも、保険に入っているのと入っていないのでは、全然違います。
上の子は私立大学でしたが、家から通うことができましたので、助かりました。
本当は家から国公立大学に通うことができると一番良いのですが、そんなに贅沢なことばかり言っていられません。
上の子が楽しそうに大学に行くのを見ると、頑張って残り3年分の学費を支払ってあげようと心に決めました。
そして、下の子も今年から大学生です。
下の子も地元の私立大学に決まりました。
下の子の学資保険の積立金は上の子よりも少ないため、入学金と初年度の授業料等を支払うとほとんど残りませんが、それでもとても助かりました。
そして、残りの金額は何とかするつもりです。
今では妻も働いているので、何とか2人の子供を大学に行かせてあげることができるのです。
幸いにも、下の子も家から大学まで通っていますから、2人とも私立大学ですが何とかなるのです。
今年1年間は上の子と下の子が大学生です。
我が家の家計にとっては、今が一番厳しい時ですが、この1年間を乗り切ろうと、妻と2人で毎日頑張っています。
そして、上の子は就職が決まりましたから、今年1年はアルバイトなどをするそうです。
下の子にも大学生活をエンジョイして欲しいと考えています。