【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

私が学資保険に入った理由について

私が学資保険に入った理由とその時に選んだポイントを記載しようと思います。
学資保険とは、子供の教育費などにかかるお金を補助することを目的とした教育資金が必要になると思った時期に満期となる保険のことを言います。
私の場合も、この目的のとおりで、子供が生まれたときに、教育資金のために入ることを検討しました。
保険ですので、当然、私や子供に万が一のことがあった時に死亡保険金や病気や怪我で給付金が下りるものもあります。
一般的に子供の教育費は私立などに行かなくても、公立でも高校卒業までに300万近くがかかります。
また大学に行かせるとなるとさらに300万がかかります。
子供が生まれてから高校卒業までには18年ありますが、その時にまとまった金額が準備できるかというと、その間に住宅を購入したりなどほかにも用意しなければいけない資金はたくさんあります。
そのためには別途貯蓄するのも検討事項に入れましたが、それだとなかなか増えなそうだったのと、また万が一、私がなくなった場合に残された子供たちや配偶者に先々の不安を減らしておいてあげたいという思いもありました。
そこで学資保険を検討することにしたのです。
学資保険はつぎの4種類があるそうです。
満期時に一定の金額がもらえるタイプ。
子供が万が一の時に備えた医療保障部分が充実したもの、親が万が一亡くなったときに子供の生活を支えるもの、万が一子供が他人に怪我をさせてしまったときに保障してくれるもの。
これらがあるそうです。
私の場合は、将来に備えて一定の金額がもらえるタイプと親が亡くなった時に保障があるタイプを視野に入れました。
満期時に一定の金額がもらえるタイプのもので、内容を決める際には次の点に気を付けました。
満期日を高校卒業の直前よりも少し前になること。
これは、大学に進学することを視野にいれた場合に、大学に入ってからもらうタイプだと、大学の受験にまにあわないと思ったからです。
大学の年間にかかる金額もありますが、大学にまず進学するための費用が高校卒業の前にかかります。
いわゆる入学金を考えたのです。
受験には、受験するための費用やもし合格した際にはいくつかの大学を選択肢に入れるために入学金はいったん払っておく必要があります。
そのための費用として準備しておく必要があると考えました。
その時にターゲットを決めて、選択の幅をまず狭めました。
また、4つのタイプがあるとはいえ、ある程度の保証があるものを選択しています。
親が亡くなった場合というのは配偶者にも考慮が必要だと思ったので、こちらは別途生命保険を考えることにし、子供の医療関連や他人に怪我をさせてしまった場合の保障がある程度あるもの。
このタイプをさらに選択に入れました。
これらを考慮して、いくつかの保険会社や郵便局などから資料請求をして、比較をして決めています。
その際にほかの保険も一括でまとめることにより割引がきくような保険会社を検討するなどの視点で選択しています。
最終的に選んだのは、17歳で満期になり、怪我や他人への保障があり契約者が亡くなった場合に免除となるタイプを選択しています。
それと同時に配偶者用に別途、私が亡くなった場合に月々が入るタイプの保険を同じ保険会社で契約することにしました。