【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

学資保険の見直しを検討する場合

我が家も子供が1歳の時に学資保険の加入しました。
加入した時は色々な保険会社を比較検討する事もなくあっさりと加入しました。
特別不満もなかったのですが、非常に多くの保険会社の学資保険がありますが、内容をしっかり確認しますとかなり条件が違う事に気が付きました。
保険の内容は素人が自分達に合う保険を診断するのは非常に難しくどうしても勧誘されるままよく内容も確認せずに加入してしまう事が多いので注意が必要です。
どの家庭もそれぞれ環境が違います。
例えば年が近い兄弟がいる家庭や一人っ子または兄弟が多い場合など状況は様々です。
また収入も家庭によって異なりますので適した学資保険を選ぶと言う事はその家庭に合った保険を選ぶと言う事になります。
家庭によって中学から大学付属の学校へ進学する場合もありますし、高校まで公立で大学受験を予定している家庭もあります。
我が家の場合はまだ子供が小さいのですが、中高一貫校を目標にしています。
また二つ下に兄弟がいる為恐らく高校あたりが一番教育費がかかる事が予想されます。
しかし加入した時点では兄弟もいなく大学入学時にまとまったお金がおりるタイプの保険に加入しました。
進路について赤ちゃんのうちに判断する事は難しいので状況に合わせて保険の見直しをするといいです。
インターネットを利用すると見直しを中心にしたプランを一括見積もりを請求する事ができます。
複数の保険会社のプランを比較検討する事はとても大切です。
比較する事でそれぞれのプランのいい点悪い点がよくわかります。
どちらも把握した上で自分の家庭にふさわしいプランを選ぶといいからです。
子供の成長と共に親の考えも変わって行きます。
学資保険の中には中学入学時、高校入学時にも給付金がでるタイプもあります。
我が家の場合は今一番見直しを検討しているプランは大学受験にかかる費用が一番大きい高校在学中に給付金がでるようにする事です。
このプランですと高校入学時にまとまった給付金を得る事ができます。
そうする事で後悔のない進学に関わる費用を捻出する事ができるからです。
この考えも数年後にはまた変わる可能性もあります。
従って定期的な学資保険の見直しも非常に大切になります。
インターネットでは口コミ情報を確認する事もできます。
どこの保険会社が評判がよいかなど実際に加入を検討した人の意見や加入した人の感想などが確認できますので大変参考になります。
多くの学資保険で迷った時に利用できる個別相談もおすすめです。
我が家も利用しました。
勧誘というよりはアドバイスが中心で非常に参考になります。
専門家ならではの観点で選んでくれます。
また家庭に合ったプランを提案してくれますので利用するといいです。
無料で利用できるのも大変うれしい事です。
インターネットからも予約相談可能です。
色々な理由で見直しを検討している人は一度は専門家の意見を聞いてみるのもいいです。
学資保険は長期間の保険になりますので掛け金と戻ってくるお金についてもしっかり確認する事が大事です。
また保険期間中の保障内容についても十分理解してから加入しないと実際に使う事ができません。
説明書などが複雑で分かりづらい部分もありますので専門家から分かりやすく説明をしてもらうといいです。