【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

子供にかかるお金は、還元率の高い学資保険に入るなどして備えましょう

子供が生まれたら貯金に励みましょうと言われます。
育児雑誌を見るとたいてい書いてあります。
特集が組まれ、大学卒業までにどれぐらいのお金がかかるのかグラフになっているのです。
さらに公立に行った場合、私立に行った場合それぞれのグラフが表示されていたりします。
大学でも文学部に行った場合、医学部に行った場合など、実に念入りに書かれています。
必要になる金額は何百万円という単位です。
またたいていの雑誌には、お金を溜めることができるのは子供が小学校に行っている間だと書いてあります。
中学に入る頃にはおこづかいも必要になり、交友関係やファッションも気にするようになります。
部活にもお金が要りますし、なにより食費は幼児期とは比べ物にならないぐらい倍増します。
そういった記事を読むと、なんとかして貯金しなければ、という気持ちになります。
私の場合もそうでした。
まだ子供はお腹の中にいるというのに、もう私立大学に行った場合や家を出て一人暮らしをした場合に思いをめぐらせて悩んでいました。
しかし、少し冷静になって考えればわかることですが、これらの何百万というお金は今すぐ必要になるものではありませんし、一度に請求されるわけでもありません。
お金を用意する時間があるのです。
私の場合は子供がまだお腹の中にいたので、大学入学までには約18年という長い準備期間がありました。
これだけのまとまった期間があれば、それほど慌てなくても何とかなります。
次に私が実際行った貯金対策を紹介します。
ポイントはお金を溜める、出て行くお金を減らす、入ってくるお金を増やすという3点です。
まず一つ目のポイント「お金を溜める」です。
地味にコツコツと積立で貯金します。
月に五千円のペースで積み立てていくと、年に6万円、18年あれば108万円たまるのです。
経済的にきつい時は積み立て金額を変更してもいいのです。
ただ、ひたすら積み続けることが大切です。
次に二つ目のポイント「出て行くお金を減らす」です。
子供が成長すると何かにつけお金がかかります。
電車の運賃も遊園地の入園料も、幼児なら要らなかったお金が必要になるのです。
食費も成長のためには削れません。
その必要に迫られて出て行くお金のために、いらないものにお金をかけるのを止めます。
これは自分個人の努力が必要です。
お惣菜や学校で使う雑巾など買うと便利なものを買わずに手作りしたり、いらないものはリサイクルショップに持って行くといった努力が必要なのです。
最後に三つ目のポイント「入ってくるお金を増やす」です。
手っ取り早いのは働くことです。
しかし気をつけなければならないのは、働きに出たために交通費が増えたり、外食や新しい服を買わなければならないようでは意味がありません。
お金に増えてもらうのです。
子供ができて学資保険に入る人は多いと思いますが、私は特に還元率の高い学資保険を選びました。
子供のうちは、地域にもよりますが医療費が安く済む場合が多く、学資保険に傷害保障などついたものは必要ないと考えたからです。
定期預金も利率の高いものを選びます。
店舗のある銀行よりネット銀行のほうが金利が高めです。
投資は怖くて手が出せないという人も多いですが、長い期間を利用して積み立ててみるとローリスクで始めやすいです。