【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

子供のために加入しておきたい学資保険

子供を出産するとなると、まず考えておきたいのが学資保険についてだと思います。
もちろん、自分自身の体だけではなくなり子供という守るものができるということで医療保険や生命保険と考える必要があるものは保険に関してだけでも多くあります。
私自身も妊娠したことをきっかけに今まではそれほど関心もなかった保険について色々と勉強し、調べるなどして万が一出産のときに帝王切開となった時のことなどを考えて医療保険や生命保険にすぐに加入しました。
そして、子供の将来の進学資金などを確実に準備しておくためにもと思い、子供がお腹の中にいるときから十分に色々な保険会社の商品を比較し検討しました。
そこで私が重要視したのはやはり掛け金よりもいくら多く返ってくるかという点でした。
毎月保険料として高い金額をかけることで生活に影響もでることがあるので、それならせめて頑張って支払いをし続けるためにもなるべく返戻金というものは多いほうが良いと思ったのです。
もちろん、そのような内容の保険は多くあるのでその中から自分たちのライフスタイルや家庭にあったものをと検討し、加入しました。
私の選んだ学資保険の内容は払込期間を子供が高校生にあがるまでと設定し、それ以降でないと保険料を受け取ることができないというものにしました。
その他には小学校や中学校と進学の都度少しずつ小分けにして保険料を受け取ることができるものもありましたが、高校や大学などの大きな進学の際にまとめて後から保険料を受け取るものの方が多く金額を受け取ることができるのでそのような選択をしました。
もちろん、中学生などの進学の時点では受け取ることができないのですが、高校や大学に進学するときと比較するとそれほど大きな金額がかかるわけでもなく、今は国の政策として高校無償化などもあるためある程度は安心でき、何かあったとしても日頃から貯蓄をしておいたりボーナスをその資金としてあてるなどすることで何とかなると思ったのです。
また、仮に大学などに進学しないということも考えられますし、その時の子供の選択に合わせてそのお金は利用すればいいとも思っています。
何か夢を追いたいと言えばその資金にしてほしいですし、結婚するとなればそのお金を準備資金として利用してもらうのでかまわないと思っています。
そのため、少しでも多くの金額を準備するためにと思い家族で十分に話し合い、みんなが納得したうえでそのような内容の保険を選び加入しました。
まだまだこれから先のことではありますが、どれほど毎月の家計が厳しく貯蓄が思うようにできていなくても、学資保険に加入しているから万が一の時にも子供に対することはきちんと準備はできているという安心感はとても大きいものであります。
今後、仮に子供が増え二人目、三人目となったときにも必ず学資保険にだけは加入しておきたいと考えています。
また、その他のあらゆる保険とも上手に付き合いながら日々の生活を家族で安心して快適に送ることができればいいなと思っています。
そしてそのためにも、きちんと将来的には保険料を受け取ることができるように毎月の払い込みだけは欠かすことなく頑張っていきたいと思っています。