【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

可愛い子供の将来に備えて安心な学資保険

結婚して子供が生まれるのは、人生で一番大きな幸せなことと感じる人が多いと思います。
無事に生まれて来てくれたことに感謝感激ですよね。
でも可愛いからこそ、我が子には本人が望む教育を受けさせてやりたいと思うのが親心です。
特に社会全体が高学歴になると金銭的な不安も増してきます。
教育ローンや奨学金もありますが、実際に借りられる保証もありませんし、できれば借金は避けたいものです。
そんな不安を解消してくれるお手伝いをしてくれるのが学資保険です。
 実は、長子が生まれて一番最初に加入した学資保険は、知人に頼まれて渋々加入したものでした。
日々の生活もぎりぎりで厳しいときに、保険加入どころではないというのが本音だったので、しばらくは嫌々保険料を納めているような状態でした。
気持ちが変化したのは、二人目の子供を妊娠したころです。
今時、兄弟の続柄によって教育レベルに差をつける時代ではありませんから、平等に機会は与えてあげたい。
でも、長子の教育で預貯金が底をついてしまったら、2才違いの下の子の教育資金は枯渇してしまいます。
さすがに今度は、自分から情報を集めるとともに、長子の学資保険を強引に勧誘した知人に少しだけ感謝しました。
先々について、心配しだすとキリがなくなってしまうものですが、教育資金に特化したお金があると思うことは心の余裕になったことは確かです。
長子は公立の大学ながら自宅外通学、しかも大学院まで、2人目は自宅通学だったものの私立大学という、経済的には悲惨な数年間を乗り切れたのも、学資保険があったからこそと思っています。
 一口に学資保険といっても、「学資」と「保険」のバランスは色々ですので、家庭でのニーズに応じて最適なプランは異なります。
インターネットの普及で、情報収集はとてもしやすくなっているので、以前よりずっと比較しやすいですね。
私を含めママ友のほとんどが、保険がついた積み立て預金の感覚だったと思います。
本当に幸いなことに、保険者の死亡や被保険者の病気入院もなく保険の部分でお世話にならずに済みましたが、単なる預金ではなく学資保険を選択したことで助かった人も数多いことと思います。
 妊娠、出産は何かとお金がかかるので、「加入はそのうちに」と思いがちですが、子供の年齢が上がると保険料もアップするので、いつか入るならお早目がお勧めです。
満期金もピンからキリまで色々で、多いにこしたことがないのは言うまでもありませんが、払える保険料に限りがありますから家計と相談して最善の保険をチョイスするしかありません。
一般的に一番お金がかかると思われる大学入学時に入学金と1年分の学費はまかなえる金額が最低ラインだと思います。
保険会社によって違いますが、団体割引や半年払い割引、年払い割引(一括払いもありますが、普通無理ですよね)など、わずかながらも保険料が安くなる制度もありますので、ボーナスなどを利用してまとめて支払うことで保険料を節約していました。
最初から学資のすべてをカバーしようと思うと無理が生じて、結局解約という最悪のパターンに陥ることもあるので、家計が厳しい場合は、満期金が少ないプランでも良いので是非、加入を検討してみてください。