【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

子供の教育資金準備は学資保険で

子供の教育資金というのは、子供を産むうえで最も親の頭を悩ませるものなのかもしれません。
事実、子供を産む際には生まれてくる子供を不幸にしないよう、子供が受けたいといった教育は受けさせてあげるために教育資金の計画を十分に立てて見通しがつくようになってからにしようという新聞や雑誌の記事を見かけない時期はないと言っても過言ではないくらいそれらの記事は良く見かけますし、私自身子供を産む前にはきちんと教育資金も含めた子供にかかるお金についても見通しをたてました。
そのような子供のための教育資金準備のための金融商品として、良く知られたものではありますが学資保険があります。
なぜなら、この子供のための教育資金は貯めなくてはいけないものであるとは分かっていてもなかなかたまらない、もしくはたまったとしても何かがあった際にボーナスのような感覚で使ってしまい、すぐになくなってしまうということがよくあるものであるからです。
実際私たち夫婦は、教育資金ではありませんがマイホーム購入資金の前払い金としてためていたお金の一部を、またいつか貯めればいいや、という安易な考えで半分ほど取り崩してしまった経験があるため、このケースについては痛いほどよく実感しています。
そして、先にも記述したような子供を産む際将来の教育資金への備えとして、学資保険の契約を行ったのです。
貯金とは違いってこれは予め、たとえば高校進学時など決めておいた時期にならないと積立金を取り崩すことができないため、そのような面での心配は少なくとも不要になるからです。
しかしながら、学資保険を契約することのメリットというのはこのようにお金をうまくためて教育資金を確保しておくことのできない人にのみあるわけではありません。
それではきちんと子供の教育資金を積み立て、管理できる人にとっては契約する価値のない金融商品となってしまうからです。
そして、事実そのような金融商品とはなっておらず多くの人が子供の教育資金の準備のために、と利用している商品であり必ずやすべての人に契約する価値のある商品に仕上がっているのです。
もっとも保険会社がこれまでの歴史の中でより良い保険を提供しようとその内容を吟味してきたということを考えれば、これも当然なのかもしれません。
では具体的に記述するとしたらどのようなメリットがあるのでしょうか。
最も大きなメリットを書くと、それは多くの場合年利1パーセント台という一定の利息が保証されているということです。
アベノミクスの一連の金融政策以降これまでただでさえも低かった預金金利はまだ下がるのかと感心させられるほどさらに下がり続けており、このような環境の中で一定の利息が保証されるというのは資金運用の面からも安心できるところです。
もっとも、株で資産運用をすればよいという方もいるかもしれません。
しかし教育資金は絶対に確保しなくてはならないすなわち損失を出してはならない資金であり、株での運用には向いていません。
私自身教育資金は学資保険できちんと必要な分を積み立てし、株などリスク資産の購入は老後の資金などまだ使うまでに余裕があり少し減ってもすぐには困らない資産で行っています。