【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

学資保険選びは保障型と貯蓄型のかねあい

子供が生まれたら将来のためになにか残してあげたいと考えるのは、親として共通の考え方ですよね。
子供が成人するまでに自分に何かあった場合何を残してあげられるのかと思うと不安に感じるのはあたりまえのことです。
そんなときに威力を発揮するのが貯蓄型といわれるタイプの学資保険です。
これは満期になると利息をつけて払った分が戻ってくるもので、高校入学、大学進学、大学卒業といった子供の人生の節目で受け取ることが出来ます。
利率もよく10%以上の場合が多いですので、どうせいずれは子供に分け与えるものですから預貯金の替わりに使うことが出来ます。
また途中で親が何かしらの障害を負って月々の保険料を支払えなくなった場合でも満額支払われるので安心してかけておくことが出来ます。
これは絶対にはいっておくべきの学資保険です。
もう一つの学資保険は、保障型といわれるもので、あまり考えたくはないですが子供が何か万が一障害を負うようなことがあった場合、それを医療費の面からバックアップしてくれるものです。
障害を持った子供でも、親として金銭的な理由から見放さざるをえなくなった状況を想像したくはないですよね。
万全の体制で臨むためにこの保障型の保険を忘れてはいけません。
もちろん、自治体によっては子供の医療費のおおくを面倒見てくれるところがあります。
大都市では特に手厚いのですが、地方に行くとそうとは限りません。
幼児のみ全額無料という自治体も多いです。
大都会でずっと暮らせるという保障があるならまだしも、この御時世どこに転勤になるか予想が付きません。
ある程度の保障にははいっておいた方が良いでしょう。
私の場合は、まず、子供には高校選び、大学選びに不自由を感じてほしくないと考え、公立、私立どちらでも応えられるような貯蓄型プランをプランナーに組み立てていただきました。
どうせ戻ってくるお金ですからふんだんに支払っても惜しくないと考えました。
さらに利子もついてくるのですから、月々支払える限界まで払っても良いと思いましたが、やはり普段の自由になるお金も必要なのでプランナーに現実的な投資割合を計算していただきました。
子供のおこづかいのかわりに貯蓄型保険を考えるとよいということを教えていただきました。
次に、保障型ですが、子供が障害を負っても多くは自治体の援助に頼ることが出来るのですが、一旦成人してしまうと、ほとんど援助はなくなります。
私の地方では実際は小学生までの援助しかもらえません。
子供には金銭的に心配をかけさせないためにも、どうしても保障型の保険ははずすことが出来ませんでした。
こちらの保険は掛け捨て型だったので、やはり無謀な額を支払うことは出来ませんので、プランナーに割合を計算していただき納得のいく保険をかけることが出来ました。
もちろんこれらの保険にも落とし穴があります。
収入が減り保険料を支払い続けるのが困難になった場合がそうです。
こういった不確定でややこしい所は、自分で考えても答えがでるものではありません。
プランナーは現在の社会情勢や今後のことを良く調べていますので、どういった割合で投資すべきかを納得行く形で提示してくれます。
やはり相談してみるのがもっとも手堅く安心だとおもいます。
素人ではこのあたりの計算は難しいです。