【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

母が孫のためにと学資保険に加入してくれました

義父母が孫のために教育資金を援助したいと申し出てくれて、いろいろ話し合った結果孫の父親である夫名義にして加入してくれました。
その話を私の母にすると、自分も同じように学資保険に加入して孫のための進学資金を提供したいと言ってくれました。
というのも、母にとっては私の子供は特別な孫です。
兄は、飛行機でいかないといけないくらいの遠方に住んでいるので、兄の子供に会えるのはせいぜい年1回だけです。
お嫁さんの実家が近くにあり、そのすぐ近くにマンションを購入して、休日にはお嫁さんの実家で過ごすことも多いようなので、孫ができてもほとんど実感することはできなかったようです。
それに比べて、私の子供は産後もがっつり実家に里帰りして母にお世話になりましたし、出産の時には立ち合いもしたので、母の中では最高に可愛いくて仕方がないようです。
我が家から実家までは、車で1時間半かかるので、決して近くに住んでいるわけではないのですが、それでも孫可愛さに夫のいない平日の昼間には我が家によく遊びに来るので、孫も母にとてもなついていて一緒に暮らしている夫よりもおばあちゃんが大好きなくらいです。
そんな可愛い孫なので、母としても孫のために何でもやってあげたいと思っていてくれます。
そこへ、義父母が学資保険に加入してくれた話を私がしたので、自分も同じようにやってあげたいと思ってくれたようです。
そこで、母は張り切っていろいろな保険会社から資料を取り寄せて、どの保険会社が一番良さそうなのかを徹底的に調べていました。
何かを始める時にはとことんこる人なので、どの保険会社が返戻率が良いかなども広告の裏に一覧表まで作って書き込んでいきました。
母が調べた結果、私が自分たち夫婦や義父母が加入する時には全く検討対象ともならなかった、ある保険会社の学資保険を発掘してきました。
保険の口コミサイトでもあまり取り上げられていない学資保険だったので、私はノーチェックだったのですが、調べてみると数ある有名どころを抑えて返戻率がすごく良い保険でした。
その保険会社は、母が比較的懇意にしている所で、今までにも退職金の運用や貯蓄目的の保険に加入したりしてお世話になっている所なので、営業の方とも気心が知れているので安心して任せられます。
保険会社の方のアドバイスもあり、せっかく返戻率が良くても、相続税が取られてしまってはお得でなくなってしまうので、贈与税にひっかからない分の金額をかけることになりました。
もしも、保険の支払途中で母が天に昇っていくことがあると、負担が私たち夫婦に来てしまうからと、一括払いで支払ってくれました。
保険の名義人は私なので、私がいったん母から保険料を贈与と言う形で受け取ってから、保険会社に支払いました。
自分たちで、子供の将来のためにと妊娠中に学資保険にきちんと加入しておいたので、進学資金はなんとか困らない予定ですが、義父母や私の母が可愛い孫のためにとさらに学資保険に加入してくれたので、もう鬼に金棒です。
うっかり油断すると、すぐに赤字まっさかさまの貧乏な我が家でも、子供に経済による教育格差を味わわせることなく育てられそうなので、親としても安心して子育てができます。
夫と、皆からこんなに愛されている息子は、本当に幸せだねと話しました。
元気にすくすく育ってくれればそれが一番なのですが、せっかく皆が準備してくれた教育資金を無駄にしないように、勉強もしっかり頑張ってもらいます。