【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

学資保険を我が家は解約しました。

大学へ子供ひとりが進学する費用、300万、500万だと言われています。
実際には、入学金が100万に授業料、教科書代などの雑費で年間100万円。
ですから、短大や、専門学校の場合300万円。
大学文系の場合500万円。
理系の場合費用がもう少し加算され800万円。
これは概算の平均額です。
私が進学した時も短大に進学した私には300万円。
弟には800万円かかったと言いました。
もちろんこれは、学校へ支払う金額だけです。
交通費、一人暮らしなどの費用などは一切含まれていません。
今更ながら親がいかに、子供のことを考え少しずつ学資保険を貯めて用意してくれていたこと、感謝します。
そして自分の子が産まれ、学資保険を検討するようになった。
親が私にしれくれたように、私もどんな道を歩むかわからない我が子だけれども、選んだ道を応援できる準備だけはしておきたい。
そう思って学資保険に加入することにしました。
金額はとても悩んだ結果、500万円に設定。
しかし親がかけてくれた学資保険の時代とは違い、元本割れこそなんとかまぬがれたものの、利率が良いとはけっして言い難い商品でした。
しかし18歳になり進学を決められても、500万円などという大金を用意できるわけもないので、生まれた時からコツコツと貯めていくのが、一番遠いようで、近道なんだと信じ加入しました。
二年後二人目が生まれた時も、何の迷いもなく500万円18歳満期になるように、加入したのです。
これが大きな大きな間違いで、のちに家計を圧迫し、解約に陥る原因の発端になったのです。
年収が500万、1000万などの家計なら子供に1000万の学資保険を貯めることそこまで難しくないのかもしれません。
我が家の場合専業主婦の私に、低所得者の旦那の給料ではたちまち学資保険が家計を貧困化し、圧迫してきました。
でもいまここで頑張らないと絶対後悔する、そう思いながらなんとか継続していきましたが、切り詰めるだけ切り詰めても、やはりきつかったのです。
そこで下の子の分の学資保険を解約しました。
少しだけゆとりが生まれましたが、まだ赤字です、このまま赤字のまま、かけ続けることに意味があるのだろうか。
金額の設定をもう少し低めにして、いざとなったら奨学金などさまざまな制度を活用しても良いのかもしれない。
今の生活に一切のゆとりがなく、キツキツの生活を続けるよりは今を楽しむこともとても必要なことではないかと思ったからです。
そこで上の子の分も解約しました。
今は一切入っていません。
もちろんこれから先進学する頃には困るかもしれません。
ただ我が家にとって貯め時の時期にまとめて貯め、贅沢をするわけではないけれど、日々の生活を楽しみながら、自分のペースで二人分の学資分を貯めていこう。
そう思って今はゆっくり定期をしながらコツコツと貯めて言っています。
計算しても1000万円はたまりそうにないですが、まだまだ先はながいので最後まで諦めずに、子供の決めた進路を応援できる準備をする、このことを諦めたわけではありません。
我が家なりのやり方で、毎日の暮らしにゆとりをもって、ゆっくりカメのペースで用意できたらと思っています。