【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

学資保険を掛けるなら、十分な金額か、妥当な金額か

結婚し、妊娠して専業主婦になってから、郵便局に用があり行く機会が増えました。
そして、大きなお腹を抱えていると声を掛けられます。
「学資保険の加入はお済みですか」と。
出産以降も郵便局にベビーカーを押して行く度に同じように声を掛けられました。
その際に気付いたのですが、説明をするツールらしき印刷物に、おそらく一般的に学資保険として掛けておいた方が良い金額であろう数字が書かれてありました。
そのモデルプランには300万円が大学入学までに満期になるようになっていました。
私は私大に通っていたので、300万円という数字がどこからきたものなのかとても不思議に思った記憶があります。
その後判明したのですが、実は、児童手当分を学資保険に充当すると300万円になるのです。
しかも、現状の国公立大学の学費の目安が、入学から卒業までを4年間で済ませると300万円前後となるのです。
これらの理由で、学資保険に加入するモデルプランは300万円が採用されているのだと気付きました。
私は私大だったため、それでは少し足りません。
それどころかひとり暮らしもしていたため、もっとかかっていたことでしょう。
我が家でも、学資保険に加入する際、ファイナンシャルプランナーの方に「月々どれくらいの負担なら可能ですか」と質問されました。
ちょうど15000円くらいなら支払っていけそうだと回答すると、当時は子ども手当てで迷走していた時期だったので、それをあてにしていないならその金額で行きましょうとなり、結果的には所謂モデルプランどおりとなりました。
無事娘を出産して、娘の通帳を郵便局で作りました。
出産祝いや、今後のお祝いやお年玉を貯金するための専用口座です。
そして出産祝いに実家からまとまった金額をいただいてしまったので、定額貯金に入れようとこれまた郵便局を訪れた際に、定額貯金より保険に一括で加入した方が利率が良いですよと説明を受けました。
私は「主人に相談して決める」とその場を後にし、いつもお世話になっているファイナンシャルプランナーの方にメールで連絡を取りました。
そして、もっと利率が良い保険があるか確認してもらいたかったのです。
祝いをもらった娘の意思はまだ確認できませんし、孫を思う気持ちがこもった大事なお金でしたから、両親も娘も幸せになるようにと考えると、増やせるものなら少しでも多く増やしてあげたい、でもリスクも減らしたいという気持ちがありました。
結果的に、いつもお願いしている方から紹介を受けた保険の方に加入し、国公立大学なら下宿させることが出来そうなくらいの金額を準備出来ることになったというわけです。
学資保険をかけるからには、やはり大学進学資金として掛けるつもりでいらっしゃる方が多いし、出来る限り備えたいという気持ちは膨らみますが、ここで毎月の支払いに無理が出るようなプランを組むことも出来ません。
もしかしたら医科歯科大に行くかもなどという可能性まで考慮してしまえば、3000万円ほど準備しなければならなくなってしまいます。
特に学資保険は子どもを育てながら積み立てていくものですから、無理のないようにプランを検討する必要があると痛感しました。
手元に残すお金も大事ですから。