【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

私の考える学資保険のメリットについて

私は子供を出産したことをきっかけに初めて学資保険というものの存在を知りました。
それまでは、私自身保険自体にそれほど関心がなく保険に加入するよりも自分自身できちんと計画し貯金をする方が確実だと考えていたからです。
しかし、結婚し子供ができるとその考えは大きく変わりました。
毎月きちんとした額を決めて将来のためにと貯金をしようとしても、いざ家庭を持つとなると思いもよらない出費が重なり赤字となってしまうことも多々あり、やむを得ず貯金を切り崩さなくてはならないことも出てくるのです。
それでも子供の将来のための資金には手をつけずに確実に準備しておくことを思うとやはり学資保険に加入することがベストであると思いました。
また、学資保険のメリットはそこでもあると思います。
積み立てた資金を進学などの必要な時期に合わせて確実に準備することができるからです。
そして私は学資保険の加入をしようと決意しました。
実際に加入の際には保険の無料相談を行ってくれるところへ行き、自分たち家庭や子供の将来にあった学資保険の検討を一緒にしていただきました。
学資保険と一言で言ってもその種類はとても多く、様々な保険会社のものがあるのでどの保険が一番自分たちに合っているかということは素人では難しすぎると感じたため、そのような無料相談の場を選びました。
そこでは保険に関しての基本的なことを始め何から何までとても丁寧に説明してくれ、十分に納得のいくものに加入することができました。
また、それと同時に将来への安心感というものを持つことができました。
しかし、私が実際に子供の学資のためにと加入した保険は終身保険です。
子供が進学するまでに払込期間を終了させ、大学などの進学時に資金が必要となった時にその終身保険を解約して返戻金を学資資金のために受け取るというものです。
なぜそのような保険に加入したのかというと、解約後の返戻率が高いということからです。
一般的な学資向けの保険と比べてはるかに返戻率が高く、また資金が必要でなかった場合は解約せずに保持しているだけでどんどん金額が大きくなるため、子供が結婚するときなどに渡してあげられるとも考えたのです。
もちろん、中学や高校といった際の進学時には解約できないというデメリットも存在しますが、それ以上にメリットは多くあると思います。
他にも子供のためにと様々な保険を検討しましたが、私たち家庭にとっての学資保険としては今回加入した保険が一番メリットが多いと考え決意しました。
今後、どのようなことがあるか分からないからこそ、親として子供にしてあげられる最低限のことはやはり進学などの資金の準備だと思います。
習い事や部活などはもちろんのことですが、将来的にどのような道に進むとしても家庭にお金がないからとあきらめさせることのないように親として今後も精一杯できることを心がけたいと考えています。
そして今後子供が大きくなり成長した時に、幅広い視野の中から自分の望む将来へお金のことは気にせず進学してくれることを祈って今後もきちんと保険料をおさめて準備していきたいと思っています。
そして、将来役に立つ日が来ればなと心から思っています。