【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

母子家庭における学資保険の必要性

母子家庭は一般的に所得が低い事が多いのではないでしょうか。
私自身も母子家庭であり、子供が1人いますが私1人の収入でしっかりと先に教育をつけていく事を考えるといつもとても悩んでしまいます。
教育資金は底がありません。
かけようと思えばいくらでもお金が掛かる事でしょう。
そしてその全てが必ずしも子供の為になるとも限りません。
それは母子家庭に限らずどのような家庭にとっても同じ事が言えるでしょう。
そして不景気である世の中です。
片親ではなく、両親共働きであっても生活が苦しい事も多いでしょう。
現在営んでいる生活を崩す事なくしっかりと将来の為に貯蓄を行っておく為には、より貯蓄性の高い学資保険を選択する事が求められるでしょう。
色々な学資保険がある中で、その支払い方法についても方法があります。
先に自分である程度まとまった金額を準備する事が出来るのであれば、備えとして先に全額支払を行っておく方法です。
その場合、子供の年齢などをよく考えて行う必要がありますが、毎月支払う必要などがない為に月々の生活の中において出てきた余裕などについては他の蓄えとして貯蓄しておく事も可能になります。
全納する事によって一括で支払う必要はありますが、戻ってくるお金がお得である場合もあります。
色々な保険会社を見てそういった部分も兼ねて考えると良いでしょう。
収入が安定しない場合、毎月貯蓄する事は出来たとしても決まった金額を払い込む事が難しい場合もあるかもしれません。
そんな場合にはまとまった金額を学資保険に一括で払いこんだ方がお得である場合もあるでしょう。
中々まとまった金額をためる事が難しい場合には、月々の掛け金が余り高額でない物であっても少しずつ積み立てして行く方法も効果的かもしれません。
自分自身がお金に関してどのような考え方をしているかによって選択すると良いでしょう。
私もそろそろ子供の為に学資保険をと考えており、現在色々と資料などで検討している最中ですが、現在子供の為に貯めている貯蓄とは別にもう一つ確かな安心を確保する為にと考えています。
保険会社の学資保険は金額的な利点も多い部分もありますが、保険会社も会社である故に倒産などの危険がないとも言い切れません。
子供に関する貯蓄の全てを学資保険として考えておく事は少しリスクがあるように感じられる為に、月々余裕を残す事の出来る範囲内で学資保険をかける事を検討しています。
以前に一度祖父に知り合いの保険会社の商品を勧められた事があったのですが、提示していた掛け金がとても高かった為に断念しました。
どんなに払い戻しの金額が良かったとしても、途中で支払う事が出来なくなってしまえば本末転倒です。
私の両親は私や弟が子供であった頃そういった保険を掛けてくれていましたが、自営業であった為に営業資金の為に前借をしてしまい結果的に払い戻しの時期にいくらも残っていないという事態になってしまいました。
それでは何も意味がありません。
子供の為に貯蓄する事の意味は無理の無い様にしつつも継続する事によって初めて価値があるのです。
ただ貯蓄し、親が使ってしまうのであれば何の意味もありません。
そういった意味では母子家庭であろうともそうではなくても、親の金銭感覚にかかってくる部分が多いのかもしれません。