【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

学資保険で安心して子供の教育費を貯める

私たち夫婦には今年4歳になる子供がいます。
娘が生まれてからすぐに学資保険に入り、将来にかかるであろう教育資金を確実に貯めています。
今はだいたい子供一人を全て公立の学校に入れた場合であっても、教育費に約1000万円ほどかかるといわれており、私立へ進学する場合や大学で浪人や留年してしまった場合はより多くのお金がかかってきてしまいます。
子供に満足のいく教育を受けさせるためにも、今からそのお金を充分に用意しておくために学資保険に加入しました。
学資保険はいろいろな種類があったために、まずはインターネットで数々の学資保険の資料を請求し、その中から気になる保険は直接担当の方に詳しい内容を聞くなどして、一番私たち家族にとって理想的な保険に加入することにしました。
決めてになったのは内容の充実度でした。
私たちが加入しているものは満期まで払うことによって金利が多くつく貯蓄型のもので、実際に満期まで払うと支払った分よりも多く受け取ることができるために、銀行に預けるような感覚で保険料を支払っています。
払い方には月々払いと一年間分を一度にまとめて払う方法があるのですが、一年分をまとめて支払う方が貯まる割合がいいので私たちは年払いにしています。
また一度に支払ったお金の全てがかえってくるわけではなく、子供の高校への入学や大学入学などの一番お金がかかる時期に徐々にお金を受け取ることができる制度があり、とても助かるなと思いました。
こういった制度があるとこの先お金がかかってしまう中学や高校、大学への進学の際にも安心することができます。
学資保険に加入しておけば、進学の際などに必要なお金も確保できるので、子供が望む学校へ行かせてあげることがよりできやすくなります。
子供たちにとって学校選びはとても大事ですので、お金のことを気にすることなく子供が望む学校へ進学させてあげることができるように、今から学資保険を利用して安心してお金を貯めることができてよかったと思っています。
貯金で貯めていくことももちろん可能ではありすが、ついついお金を引き出してしまったり、お金を余計に使ってしまったりということもあります。
その点学資保険に一度加入してしまえば保険を解約しないかぎりお金を引き出したりすることはできませんし、確実に毎年教育資金を貯めることができます。
また保険によってはとても運用率のいいものなどもあるため、とてもお得に教育資金を貯めることが可能です。
現在私は二人目を妊娠中なのですが、二人目の子供が生まれたらすぐに娘と同じ保険へ加入する予定でいます。
それだけ私たち家族にとって保険は子供のために重要なものなのです。
これから先子供が成長する過程でどれだけ教育にお金がかかってくるかまだわからないですが、親としては子供がやりたいことはさせてあげたいし、行きたいと思った学校には行かせてあげたいと思っています。
そういった子供の希望を叶えてあげるためにも、今からきちんと計画的にお金を貯めて、少しでも多くの子供の希望を叶えていってあげたいと思っています。
これからも安心して教育資金を貯めることができる保険を利用して、確実にお金を貯めていきたいと思っています。