【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

学資保険や子どもの保険どこまで必要とされている?

学資保険と子ども保険を比べると、必要性が高くシェアが高まっているのは圧倒的に学資保険です。
その理由が教育費への備えと、学資保険の戻り率の高さです。
現在学資保険では110%を超えるパーセンテージでの返戻率を誇る商品がたくさん存在しています。

それに対して子ども保険では医療保障を重視するあまり、元本割れする商品も少なくありません。
そういった意味で、最近では学資保険は非常に人気が高まってきています。
それとは対照的に医療重視の子ども保険の影は薄くなりつつあり、ニーズも少なくなってきているのが現状です。

基本的に子供1人に対する教育資金の総額は大体1000万円から1500万円くらいと予想しておけばいいでしょう。
ただし、全て私立の学校に通うとなると、2千数百万円のお金がかかってしまいます。
このように、教育費は高額なために貯金をして備えをしておく必要があるのですが、返戻率が110%もの学資保険があるためにただ、貯蓄するよりも明らかに学資保険でお金を貯蓄したほうがいいわけです。

ただし、必要な時に自由にお金を引き出せないことが学資保険の痛いところ。
あまりに多額の保険を掛け過ぎると将来的に経済的な大きな負担となることも考えられます。
学資保険は欲張らないで、貯金や児童手当と一緒に教育費に対する備えをすることが賢明です。