【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

学資保険と生命保険の相違点とは?

学資保険と生命保険の一番大きな違いは教育費のための備えに対する保険が学資保険であるということです。
生命保険は病気や事故などの万が一の健康が脅かされる事態の時に入ることが普通ですが、学資保険は将来支払う子供の学費のために入るものなんです。
ちなみに保険料に関しては満期金が大体300万円くらいの金額が相場となっています。

これを貯金して貯めるとやっぱりどうしても使ってしまたり、また、貯金を自分でするよりもいくらか割り増しで溜まるようになっているので、貯金にするなら学資保険にするほうがお得です。
更に学資保険では子供の医療保障もオプションとして充実させることができ、生命保険のようにも利用することが可能です。
ただし、小さな子供のうちは長期にわたって入院するということなどはほとんどない上に、重病にかかるといった危険もないため、このオプションは支払い金額も上がることから特に加入する必要はないと言えるでしょう。
子供がもう少し大人になればそれだけ病気や事故にかかる可能性も高くなるのでただでさえ学資保険だけでは補えないくらいの高額な学費を支払わなければいけない日本の現状では学資保険だけで手一杯であるご家庭が増えてきているようです。