【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

学資保険と子ども保険の相違点とは?

学資保険と子供保険というものはどちらも将来の子供の教育費を貯蓄したり、子供が万が一事故や病気、ケガになった場合などの保障を両立させることができるタイプのものが多いです。
ただ、それぞれの保証の重点の置き方の違いによって名称が異なっていると言われています。
学資保険はどちらかと言えば子供の教育費の貯蓄に重点を置いている保険です。

ですので医療保障は特約としてつけることができますし、全くつけないということも選ぶことができます。
もしも医療保障をつけなかった場合には支払った金額よりも保険金で支払われる金額のほうが多いという商品はたくさんあります。
また、子供がそれぞれの学校に入学した際にまとまったお金を保険金として支払ってくれるので、教育費への備えとしては非常に大きな力になってくれる保険となっています。

それに対して子供保険は、子供の医療保障のほうにより重きを置いている保険となっています。
ただ、教育費への備えも併せ持っているという点もあり、病気、けが、事故が心配というご家庭には重宝されているようです。
ただ、全体的なニーズとしては、現代の教育費があまりにも高いという観点から、どうしても教育費の貯蓄に重きを置く学資保険のほうが人気が高まってきているようです。