【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

学資保険の名義は夫婦のどちらの名義が大丈夫?

学資保険の名義は基本的に夫でも妻でもどちらの場合でも大丈夫です。
その理由は特に名義人の収入などは考慮されないからです。
ちなみに名義人名がどちらの場合になっていても支払いの口座の名義は関係なく支払っていくことができます。

どういうことかというとたとえば、妻が名義人だったとしても夫名義の口座から保険金は支払っていくということも普通にやってもOKなんです。
特に最近では妻が家計や教育費の管理をしているご家庭が多いと思われますので、名義人を妻にしておくことは入学時に保険金をもらったりするときなどに動きやすいという面もあるために、そのようにする方も増えてきているようです。
ただ、万が一にでも離婚した場合には注意しなければいけないことは、子供の学資保険の満期金額をもらう契約書にサインすることができるのは名義人だけだということです。

ですので、もしも離婚した際にあなたが子供を引き取ることにはなったけれど、名義人があなたではない場合は、子供の将来のために名義変更でしっかりとあなたの名前にしておきましょう。
あとは、学資保険の商品内容によっては名義人がなくなった時点で保険金がもらえるけれど満期金額はしっかりともらえるというものが多いです。