【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

学資保険の満期はいつが一番ベストか?

学資保険の満期年齢は基本的にはお金が一番かかる時期にしておくのが一番賢いやり方です。
よく学資保険で22歳で満期になるものがありますが、あれは返戻率が高くなる(支払った金額よりも戻ってくる金額のほうが大きくなる)分、必要な時にしっかりとお金が貰えないと言った問題も多く存在してきます。
ですので、満期の時期は教育費の中で一番お金がかかってくる大学に入学する18歳の時が一番妥当であると言うことができます。

ただ、もしも大学院に進学する際のお金も考慮している場合には、22歳にお金が必要となってくることがあるので、18歳にお祝い金がもらえる22歳満期の学資保険がおすすめです。
ただ、学資保険の場合はお祝い金をもらえる時期も結構重要な要素となってくるので、すでに幼稚園から入学ごとにお祝い金をもらえる学資保険や、中学校からお祝い金がもらえる学資保険もあるので、どれにするかはとりあえず、よく考えて決めることをおすすめします。
基本的な考え方としては大学進学と、授業料の支払い、大学院の入学金に一番大きな教育費が必要となってきますので、その時点で満期金額がもらえるように設定していれば特に問題はありません。
ということで、18歳に満期金額をもらって後は残った分を貯蓄して、コントロールしていくか、22歳満期で、18歳にも入学祝い金をもらえるというタイプがいいでしょう。