【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

学資保険の契約者は親以外でも可能なの?

学資保険の契約者は昔は両親以外でも可能のものが多かったですが、最近では次第に少なくなってきています。
その理由としては保険金を目的とした殺人などの事件を未然に防ぐという見地からという場合がほとんどです。
ただ、第三者が保険契約者になることができるものも多少はあります。

ただ、その場合も3親等以内といったような制限が保険商品ごとにあります。
例えば祖父母が保険契約者になる場合ですが、こういう事例も認められます。
ちなみにこの場合には両親が保険契約者になる時に比べて問題点が多く生じてくるんです。

それはまず仮に契約者となったとしても祖父母がなくなった場合には名義変更をする必要があること。
あとはもしも祖父母が死亡したとしてもそれ以降保険金を支払い続ける必要があることなどです。
両親が契約者になった場合には契約者が死亡した場合それ以降の保険金を支払う必要がないという特典がついてきますから、これは大きなデメリットですね。

そもそも祖父母が保険の契約者になる場合はその分死亡率も高いですから、これは保険会社の利益に不利となることなので、できないことになっているのだと思います。
ということで、第三者でも保険契約者にはなれますが、あまり大きなメリットはないということが言えます。