【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

学資保険の保険料は平均的な相場とは?

学資保険の保険料の相場は基本的に子供1人当たり、満期金額が300万円から350万円が相場となっています。
こちらは月々の支払が1万数千円になりますが、大体それくらいが子供の学資保険で一番支払い安い金額であるかと思います。
ちなみに子供1人にかかる教育費の総額についてですが、学校が全て公立の場合は大学卒業までにおよそ750万円。

全て私立の場合は2300万円程度になります。
このことを考えると平均的な相場では全くお金が持たないということが想像できると思います。
ただ、あまりにも満期金額が高い学資保険に子供一人のために加入することはあまり月々の支払負担が増えるということで、あまりいい考えではありません。
例えば、満期金額が500万円の場合は月々の支払が3万円程度になってしまいます。

しかも子供が後からもう一人生まれた場合には同程度の保険をかけるとすると月々の支払も6万円程度になってしまい、家計を大きく圧迫します。
ここで問題になってくることが家計に大きな負担が生じ、保険金が支払えなくなった時に解約しないといけなくなるリスクがかかってくるということです。
保険を解約するとなれば今まで支払った保険料よりもはるかに少ない金額しかお金は戻ってこなくなります。
そのために学資保険と貯金を合わせて子供の教育費の備えを行っていくことがベストであると言えるでしょう。