【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

学資保険は月払いと年払いでお得なのはどっち?

学資保険では月払いと年払いでは基本的に1年で数千円程度の得しか違いがありません。
もっとお得な方法としては一時払いと言って満期年齢までに支払うべき保険料を一括で支払っていく方法です。
もしも十分な貯蓄を持っているならばこちらの方法が一番お得であると言うことができます。

その理由は金額にして数十万円ものお金をカットすることができるからです。
例えば満期金で300万円のお金が貰える学資保険があったとします。
これが月払いでは280万円の支払いを保険期間全期間で支払う必要があるとします。
ですが、これを一時払いで支払った場合は250万円の支払いでOKという形になり(あくまでも例えです。)

なんと月払いよりも30万円もお得に保険料をもらうことができちゃうんですね。
貯蓄型の場合は明らかに一時払いの形が一番お得であると言うことができます。
しかもそれ以外のメリットもあります。

それは生活上での負担の軽減です。
学資保険は300万円満期金額を設定してある場合は月々の支払保険料は大体1万数千円になります。
これを一時払いにしておけばその分月々の支払を削減することが可能になるんです。
もちろん貯蓄が十分にある時に一時払いをすることをおすすめしますが、将来の教育費は絶対に用意しておかなければいけないお金なので、お金が十分にあるならばこの方法が一番安心ですね!