【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

学資保険は年末調整で控除されているの?

学資保険は年末調整の時に控除を受けることができますが、そのためには必要とされる金額が分かる書類を提出する必要があります。
基本的にはその年に収めた保険料を記載する用紙を提出する必要があります。
会社勤めやアルバイトをしているならば、年末調整の前に必ず保険料を記載する書類(保険料控除申告書)を渡されますので、それに記入して、提出する必要があるのです。

ただ、この書類には、学資保険だけではなく自分にかけている終身保険などの生命保険も合算して記載して、最終的な控除額が決められます。
控除額には一定の限度があるために、保険料の支払いが多ければ多いほど控除の金額が大きくなるというものではなく、どれだけ保険料を支払ったとしても最大で12万円までしか年間に控除はされません。
また、この控除は、生命保険の種類ごとによって別々に計算されるものではなく、個人年金保険、医療保険、学資保険などを合算した金額に対して計算されるので、期待しすぎないようにしましょう。
あとは、年末調整の控除の申請を忘れた場合でも、確定申告の時期に生命保険料の控除申請はできるので、その時に学資保険の控除申請を一緒に行うことも結局は年末調整をしたのと同じことになります。