【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

日本生命保険「ニッセイ学資保険」をレビュー

窓口をさがす!

日本生命保険の「ニッセイ学資保険」について詳しく調べてみました!
実際に契約した方のクチコミもピックアップ!
ぜひ参考にしてみてください。

この学資保険の特徴

ニッセイ学資保険は、高い返戻率が魅力的な学資保険です。
さらに、「育児相談ほっとライン」という子育て相談窓口も用意されています。
電話で医師や看護師、栄養管理師に相談できるというサービスで、ニッセイ学資保険に加入していれば無料で利用することができます。
困ったときに役立つ頼りがいのあるツールなので、このサービスが無料利用できるというのもニッセイの大きなメリットの一つと言えるでしょう。

また、契約者(親)に万が一のことがあった場合もしっかり保障!
保険料払い込み期間中に亡くなった場合は、以後の保険料の振込みが必要ありません。
そのうえで、保障内容はそのまま継続されます。

さらに「ニッセイ学資保険」は、二つのタイプから都合の良い方のプランを選択できるのが特徴です。
「こども祝い金なし型」と「こども祝い金あり型」の二つのタイプです。
返戻率が高いのは、「こども祝い金なし型」です。

その代わり「こども祝い金あり型」では、入園・入学のタイミングで都度、祝い金を受け取ることができます。
「こども祝い金なし型」は、大学入学後から祝い金の受け取りが開始する形になります。

オススメは「こども祝い金なし型」ですが、条件によっては「こども祝い金あり型」も良い選択肢でしょう。

返戻率と保障内容

返戻率は二つのタイプのうち、どちらを選ぶかによって異なります。

「こども祝い金あり型」・・・107.1%
「こども祝い金なし型」・・・110.0%

という感じです。

返戻率を踏まえると、やはり「こども祝い金なし型」の方がメリットが大きいですよね。
このタイプでも、大学入学後は毎年祝い金を受け取ることができますからね。
一番学費が掛かる大学時に備えたいという方にオススメです!

また、返戻率も高いですが、保障内容も充実しています。
契約者が死亡した場合、将来の保険料の払い込みは不要になります。
つまり、死亡保障も保障内容に含まれているとう訳です。

「ニッセイ学資保険」に興味がある!という方は、直接プロに話を聞けるニッセイ学資保険を扱っている保険窓口・保険代理店に行ってみましょう。
ニッセイ学資保険を扱っている最寄の窓口はこちらから探すことができます。

ニッセイの学資保険にしたのは、とにかくサービスが充実しているからです。
電話で育児相談できるというのは本当に安心。
一人目の子なので、どうすれば良いのか分からず軽くパニック状態になることが多々あるのですが、そんなときも相談すれば的確に解決策を教えてくれます。
夜中でも電話できるので、本当に頼らせて頂いています。
お医者さん・管理栄養士さんといった専門の人に相談できるので、やっぱり安心感が違いますね。

富田さん 兵庫県

保険窓口に相談しに行って、おすすめされたのがニッセイ学資保険でした。
これを選ぶ人には多いと思うのですが、やっぱり決め手は育児相談ほっとラインです。
何かと体調を崩しやすい子なので、24時間対応してくれるのがとにかく助かります。
専門家に話を聞くことができるから、インターネットの不確実な情報を参考にするのとは違って確信をもって行動できるのは嬉しいです。
様子を伝えれば、病院に行った方が良いとか、様子を見てとか指示してもらえるのも良いですよ!

野村さん 群馬県

こんなメリットに注目!

育児相談ほっとラインという加入者限定の無料相談サービスが魅力です。
真夜中の急な発熱やアレルギーなど、困ったときの心強い味方になってくれます。
電話すれば、そこに小児科医や看護師、管理栄養士がいるというのは非常に大きなメリットです。