【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

アメリカンファミリー生命保険「WAYS学資プラン」をレビュー

窓口をさがす!

アメリカンファミリー生命保険の「WAYS学資プラン」について詳しく調べてみました!
実際に契約した方のクチコミもピックアップ!
ぜひ参考にしてください。

この学資保険の特徴

「WAYS学資プラン」は0歳から55歳まで加入できる保険です。
他の学資保険では、一般的に契約者を親として被保険者を子供にすることが多いですが、この保険では親を被保険者にするという方法も使えます。
その為、学資保険としてだけでなく、老後のための資金を貯蓄するなど幅広い目的に活用することができます。
返戻率は108.8%なのでニッセイ学資保険の方が優秀ですが、用途の汎用性を求める方に利用されています。

同時に、保障内容も充実しているので、万が一のことがあっても大丈夫!
被保険者が死亡した場合、あるいは高度障害に該当した場合には保険金がすぐに支払われます。
必要な資金を直ぐに用意できるのがメリットです。

ちょっと内容が分かりにくいかもしれないので、まずは窓口で説明を聞いてみましょう。
専門家に直接説明してもらえば、メリット・デメリットがはっきりと把握できるはず!
「WAYS学資プラン」を扱っている窓口はこちら。



返戻率と保障内容

返戻率は解約する時期によって異なります。
解約時期は自由に決めることが可能で、長ければ長いほど返戻率も高くなります。

例えば、10年後の解約の場合は返戻率は71.0%と元本割れしてしまいますが、15年後に設定すれば105.2%になります。
さらに、18年後に設定した場合は108.8%になります。
そして30年後になれば124.2%まで返戻率は伸びます。

ただ、学資保険として活用するなら、18年後に解約することになるのが基本ですから返戻率は108.8%ということになりますね。
とは言え、教育費用以外への活用も可能ということを考えると、通常の学資保険とはまた違ったメリットがあると言えるでしょう。

万が一のことがあった場合の保険金額に関しては、最初に設定することができます。
200万円~1500万円まで選べますから、必要な範囲で設定しましょう。
ちなみに、万が一のことがあった場合は、以後の保険料の支払いが不要です。
さらに保険金がすぐに支払われます。

学資保険としての活用ではなくて普通の生命保険として活用できるようになるので、使い道が色々あるプランだと思います。
利率は低い方かもしれませんが、しっかり保障されるのに解約時にはしっかり元本以上に返ってくる。
少なくとも学資保険として使うことを考えれば、18年以上の契約になると思うから少なくとも元本割れすることはない。
色々な条件を踏まえて、我が家にはメリットの多い保険だと思いました。

城山さん 香川県

シンプルに学資保険を選ぼうとしている人には、あまり向かないタイプの保険かと思います。
使い方次第ではすごく便利なところもあるけど、基本的に他の学資保険とは比較しづらいところがあるので。
生命保険的な要素がとても強くて保障も手厚いのは利点だと思いますね。
私としてはこれだけしっかりした保障で返戻率も100%を切らないので、まぁまぁお得と判断して、契約しました。

篠崎さん 京都府

こんなメリットに注目!

学資保険としてだけでなく、幅広く活用できるというのがメリットです。
例えば、生命保険と学資保険をあわせたようなプランを探しているということであれば、これは最適です。
まずは窓口に行ってみて、詳細を確認してみましょう!