【学資保険ガイド】教育費ナビゲーター

メインイメージ

学資保険ってなに?

学資保険とは、将来発生する子供の教育費を計画的に効率よく貯蓄することができるもの。
プランによって詳細は様々ですが、「将来、子供に好きな道を歩んでもらいたい」と考えている親にとって、助けにもなります。

○親に万が一のことがあった場合でも、子供の学費はしっかり保障される。
○定期預金などよりも利率が高く、効率よく教育費用を増やせる
などのメリットがあります。

意外と高額な教育費用

子供を育てていく上で、ちょっと心配になるのが教育費用ですよね。
トータルでいくらくらいの負担があるのか分からない…
という方も少なくありません。

もちろん、私立に進学するか公立に進学するかでも大きな差がありますが、大学まで進学する場合、最低でも1000万円程度の教育費がかかります。
小中高大と公立に進学したとしても、1000万円程度は考えておいた方が良いでしょう。
意外と高額ですよね。

特に、大学に入学する際には、入学金などでまとまった資金が必要になります。
そんな子供の将来に備えて、コツコツ貯蓄しておきたいという人に学資保険は人気です。
保険料の支払いという形である程度の強制力がつくので、貯金が苦手な人でもしっかり将来に備えることができるのです!

どんな仕組み?

学資保険に加入すると、毎月一定の保険料を支払うことになります。
支払う金額は契約プランによって様々です。
保険料を滞りなく支払っていくと、契約プランに従って、都度、祝い金を受け取ることができます。
さらに満期を迎えると満期保険金を受け取ることができます。
最終的には、支払った金額よりも受け取る金額の方が上回る仕組みですね。
(支払い金額の方が多くなるプランもあるので注意!)

ex.
総支払い金額:2,700,000円
総受け取り金額:3,000,000円

といった具合です。

受け取り金額が、支払い金額をどの位上回るか…は、「返戻率」という言葉で表されます。
返戻率(へんれいりつ)が高ければ高いほど、貯めやすいお得なプランと言えるでしょう。

支払い金額が上回ってしまうものは「元本割れ」と呼ばれます。
これは貯蓄よりも保険内容に重点を置いたプランに多いケース。

特約と呼ばれるようなオプションを沢山つけていくと、元本割れになってしまうことが多くなります。
ただし、学資保険のメリットを重視するなら、元本割れしないプランを選ぶのがオススメです。

特約でプラスすることができる保障内容は、多くの場合、生命保険など別の保険でも代用できます。
学資保険は、シンプルに貯蓄性の高いプランを選ぶのが分かりやすく「失敗しにくい」選び方です。

もう一つメリットが!

学資保険には、もう一つメリットがあります。
それが、万が一に備えられるという点です。

プランの内容にもよりますが、契約者である親が保険期間中に死亡または高度障害に該当した場合、それ以降の保険料の支払いが不要になり、さらに保険金・祝い金は予定通りに受け取れるという保証がつくケースが多いのです。

万が一のときも、「しっかりと子供の学費を用意することが出来る」というのが大きなメリットとして挙げられるのです。

返戻率が高いのはコレ!

返戻率が高いプランとして挙げられるのが「ニッセイ学資保険」です。
こども祝い金なし型というプランを選ぶと、返戻率は110%以上!
定期預金などの金融商品と比べると、圧倒的にお得だと言えます。
定期預金の年利はせいぜい0.2~0.3%程度ですからね。

「ニッセイ学資保険」は、学資保険の中でも返戻率が高いプランです。
貯蓄性で選ぶのであれば、ぜひ参考にしたいところ!

返戻率で選ぶ!おすすめランキング

返戻率が高いプランを探している方向けに「おすすめランキング」を作成しました!
上記の「ニッセイ学資保険」も、もちろんランクインしています。
それ以外のプランも見てみたい!という方は、ぜひ参考にしてみてください。

保障される内容や付属するサービスなど、それぞれの保険会社・プランに個性があるので、色々調べてみるのはオススメです!
>>おすすめランキングはこちらのページです。<<

比較して決めよう!

どんなポイントを重視するにしても、学資保険を選ぶには「比較」が必要です。
しっかり比べることで、メリットとデメリットをより明確に把握することができる様になります。
上記した返戻率も、比べることでよりはっきりとお得な保険を見付けることに繋がります。
返戻率だけでなく、他の条件もあわせてチェックすることができますからね。

そんな理由から、とにかく学資保険は「見比べる」ことが重要なポイントになります!

そして、その為の第一ステップが、資料請求です。
各保険会社の公式サイトなどから無料で請求することができます。
正直、こうやって取り寄せた資料が手元にないと、何も始まりません。
保険の場合はインターネットから100%の情報を集めるというのは非常に難しいのです。

資料請求はもちろん、窓口での相談も快適なのでおすすめです。

まとめて請求はNG

しばしばネットで見かける「まとめて資料請求」は控えた方が良いでしょう。
いくら資料請求が重要だからと言っても、むやみやたらに資料を集めれば良いという訳ではありません。
仮に資料が手元にバラバラと10件もあったとしても、その内容をしっかり比較することは普通、できません。

よほど時間があれば全てを読みこんで比べることもできるかも知れませんが、それが出来るのは、ごく少数の方でしょう。
資料がありすぎると、頭がごちゃごちゃになってしまい「学資保険、や~めた!」なんて本末転倒なことになってしまう可能性もあります。

だから「まとめて請求」はやめておくのが無難なのです。

オススメは、自分が興味を持った保険を数件に絞って資料請求すること。
2件だけでも十分ですし、より多くのプランから自分にあったものを探していきたいという場合でも4件ほどあれば十分と言えるでしょう。